【SEO対策】alt属性代替テキストってなに?設定方法解説

SEO

人の顔のイラスト

初心者ブロガー
・alt属性の代替テキストってなんですか?

お答えします。

alt属性とは、ブログやサイトに掲載する画像に設定することが出来る「画像の説明文」のようなものと考えてください。

最近は、Googleの検索技術があがって画像を使用してGoogleの評価を得やすくなっているようです。しかしやはりテキストの方がはるかにSEO効果を生み出します

Google自体もその表記を変更していません。テキスト強しということです。

本日の記事内容

    ・画像ファイル名
    ・alt属性とは?
    ・alt属性の機能
    ・alt属性を設定する

画像のファイル名

ファイル名を付ける人
alt属性の解説の前に「画像ファイル名」について触れておきます。

実はこの画像フアイル名もSEOに関わっています。ですから具体的に連想しやすいものにしておきましょう。

    良い例:1298.jpg
    悪い例:cat.jpg

alt属性とは?

質問がある人

alt属性は、画像表示に必要なHTMLタグの「img」要素プロパティ(属性)の1つです。

テキスト入力されてる方は、画像を添付するとこんなコードが表示されます。

  1. <img src=”画像のurl” alt=”〇〇”/>

alt属性の機能

ここでもう一度確認しておきましょう。

SEOに良い

Googleにわかりやすく伝える工夫をすることで、画像がGoogleのクローラーに認識してもらえるようになります。

代替テキスト

万が一不具合により画像が表示されないという時に、画像情報としてalt内に記載した内容が表示されることになるのです。

具体的であればあるほど、本来の画像に近いものが表示されます。

alt属性を設定する

上記の〇〇の部分にテキストを入れることで設定できます。
〇〇へのテキスト入力する際の注意点。良い例悪い例でご紹介します。

悪い例:

  1. <img src=”cat.jpg” alt=””>

画像ファイル名は入力されていますが、代替テキストがありません。

良い例:

  1. <img src=”cat.jpg” alt=”食事をしている猫”>

画像ファイル名代替テキスト共に入力されています。

設定の注意点!

SEO効果がある代替テキストですが、以下を実施すると逆に評価が下がってしまいますので注意しましょう。
1.何も入れない
2.長すぎる文
3.キーワードの連続入力
4.無関係な言葉や文

まとめ


Googleの技術は日々進歩しています。進化に応じて対応する必要があります。
しかしながら、以前からGoogleが表記を変えていない基本についてしっかりと押さえておきましょう。

されどGoogleです!
alt属性代替テキストを設定してSEO効果を上げていきましょう。

以上です。

人気記事Googleサーチコンソールとアナリティクス連携全手順

こちらの記事もどうぞ